Annict APIからリソースにアクセスするには、OAuth 2による認可と認証を行う必要があります。

クライアントアプリケーションを作成する

OAuthで使用するクライアントIDなどを保持するクライアントアプリケーションを作成します。クライアントアプリケーションは https://annict.com/oauth/applications から作成することができます。

認可のリクエストを送る

Annict APIが提供するリソースにどのような権限でアクセスするかをAnnictに伝えるため、認可のためのリクエストを送る必要があります。

GET /oauth/authorize

指定した権限でリソースにアクセスすることの許可を求めるページが表示されます。

パラメータ

名前 概要
client_id [必須] クライアントID。作成したクライアントアプリケーションのclient_idになります。
response_type [必須] 認可後にコールバックで返ってきたときのURIに付与される認証コードのパラメータ名。 code を指定してください。
redirect_uri [必須] 認可後のコールバックでどのURIに返るかを指定します。urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob を指定した場合、認可後にリダイレクトせず認証コードが表示されます。
scope リソースにアクセスする際の権限を指定します。デフォルトは read (読み込み専用) になっています。書き込み権限も付与したい場合は read write を指定してください。

リクエスト例

下記の例では redirect_uriurn:ietf:wg:oauth:2.0:oob が指定されているため、認可後のページに認証コードが表示されます。

GET /oauth/authorize?client_id=f96b162be2c54b467f7583a0e141d0df99bf16318146f9bf53116d82b145fde6&response_type=code&redirect_uri=urn%3Aietf%3Awg%3Aoauth%3A2.0%3Aoob&scope=read+write

下記の例では redirect_urihttp://example.com が指定されているため、認可後に http://example.com/?code=xxx というページにリダイレクトされます。パラメータ code に渡されている値が認証コードになります。

GET /oauth/authorize?client_id=f96b162be2c54b467f7583a0e141d0df99bf16318146f9bf53116d82b145fde6&response_type=code&redirect_uri=http://example.com&scope=read+write

アクセストークンを取得する

認可後に取得した認証コードを使用してアクセストークンを取得します。

POST /oauth/token

アクセストークンを発行します。

パラメータ

名前 概要
client_id [必須] クライアントID。
client_secret [必須] 作成したクライアントアプリケーションのシークレットキー。
grant_type [必須] authorization_code を指定してください。
redirect_uri [必須] クライアントアプリケーションを作成したときに入力したコールバックURIを指定します。
code [必須] 認可後に取得した認証コードを指定します。

リクエスト例

$ curl -F client_id=f96b162be2c54b467f7583a0e141d0df99bf16318146f9bf53116d82b145fde6 \
-F client_secret=9bef7fc39d5d6210ecaaa34d8ccfe5e7a10babd2ebad90876307d71a8e14de69 \
-F grant_type=authorization_code \
-F redirect_uri=http://example.com \
-F code=82c0436de2b586ca974b45ab4e12ceeeeda2a8cf90a269b2dbc5a24c4a6fc8f2 \
-X POST https://api.annict.com/oauth/token

レスポンス例

HTTP/1.1 200 OK
ontent-Type: application/json; charset=utf-8
{
  "access_token":"58468586b6f4c29e88a8d9b7f3babb8364fec9991f2681081cbfd849d7c11a91",
  "token_type":"bearer",
  "scope":"read write",
  "created_at":1465718311
}

アクセストークンの情報を取得する

GET /oauth/token/info

アクセストークンの情報を取得します。Authorization ヘッダにアクセストークンを渡してリクエストを送ります。

リクエスト例

$ curl -H "Authorization: Bearer 35372b2d866222ed33e355c36d86be498076e037a810ee72963819339c781f32" \
-X GET https://api.annict.com/oauth/token/info

レスポンス例

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json; charset=utf-8
{
  "resource_owner_id":2,
  "scopes":["read","write"],
  "expires_in_seconds":null,
  "application": {
    "uid":"bfa6272ede7f7d096099c4e5f15923a78630520435169f47006e18d5e4dc2a7e"
  },
  "created_at":1461949248
}

アクセストークンを失効させる

POST /oauth/revoke

アクセストークンを失効させます。Authorization ヘッダと token パラメータを渡してリクエストを送ります。

パラメータ

名前 概要
token [必須] アクセストークンを指定します。

リクエスト例

$ curl -H "Authorization: Bearer 35372b2d866222ed33e355c36d86be498076e037a810ee72963819339c781f32" \
-F token=35372b2d866222ed33e355c36d86be498076e037a810ee72963819339c781f32
-X POST https://api.annict.com/oauth/revoke

レスポンス例

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json; charset=utf-8
{}